バイナリーオプション

バイナリー5分足取引攻略法

ハイローオーストラリアの取引時間には、「30秒」「60秒」「3分」「5分」「15分」「1時間」「1日」など、短期取引から長期取引まで幅広く用意されています。

ロジック、手法によってはこの取引時間が結果を大きく左右します。

自分の使いたい手法に合わせて時間を選んでいるけど、どれがベストなのかいまだにわからないという悩みの声も耳にします。

そうなってしまう一因として、まずはそれぞれの取引時間にはどのような特徴があるのかをしっかりと把握しておく必要があるのです。

今回は5分取引について詳しく説明していきたいと思います。

バイナリー5分取引きとは?

5分取引は全体の取引時間でみると、短期取引に分類されます。

ハイローオーストラリアの「Turbo」「Turboスプレッド」から5分取引を選択することが可能です。

スプレッド取引に関しては業者側が設定しているスプレッド幅をエントリー地点から超えられるかどうかを予想するもので、2倍固定のペイアウト率になるのも特徴です。

短期取引は長期取引と比べて判定時間までが短いので精神的負担も少なく、相場を読みやすいというメリットがあります。


5分取引では、エントリー時間から数えて5分後が判定時間となります。

1分取引では「転売」機能が使用できませんでしたが、3分以上であれば「転売」ができるので5分取引もエントリー後は「転売」機能が使用できるようになっています。

その他、チャートの動きとして「突発的な値動きに左右されにくい」という大きな特徴があります。

その結果、1分取引と比べて、チャート分析をした際の恩恵を大きく受けるということになるのです。

何かのロジックに当てはめた場合、1分取引のほうが1分足をメインでみるためにエントリー回数は増えますが、5分足の場合は、エントリー回数は減るものの比較的に安定した動きがあるためにロジックに当てはめた場合などの安定も見込めます。

バイナリー5分取引きで気をつける注意点はあるか?

5分取引では5分足を基本的にみて取引を進めていきます。

そのため前項でも軽く触れていますが、5分足の場合は1分足よりもエントリーポイントが少なく限られてしまいます。

1分足では値動きが激しく、リアルタイムで追っていても楽しいという方もいます。

それに比べて5分足をみるときは多少の辛抱強さも必要となります。

その他、5分足はロジックに当てはめやすかったり、相場が安定しているというメリットもありますが、エントリーポイントも少なく、統計を取ることも長期間見なければいけないということも注意点としてあります。

バイナリー5分取引きでよく使われる手法を検証してみた。

バイナリーの5分取引では、5分足だけではなく1分足の表示も使われます。

よく耳にする手法として「RSI逆張り手法」などが挙げられますが、この手法も1分足でチャートをみて、エントリーは5分取引きで行うことが多いです。

では実際に「RSI逆張り手法」について検証していきたいと思います。

上画像は実際に「RSI」インジケーターを適用した1分足(M1)チャート画面です。

なお、エントリー条件は以下の通りです。

①RSIが30(下ライン)以下で終値をつける
次の足で買いエントリー(High)
②RSIが70(上ライン)以上で終値をつける
次の足で売りエントリー(Low)

この2パターンだけなので簡単ですね。

これが一般的に言う「逆張り手法」です。

縦のラインがエントリー条件になった時ですので、その次の足が出来た時にエントリーするという形になります。

ここで注意点があるとすれば、「急激な出来高の変化に弱い」という点が挙げられます。

これはRSIが「ローソク足の値上がり幅と値下がり幅を基に計算されている」ということが原因です。

これにより動きの少ない場面から、急にトレンドが発生した際に大きくRSIラインを抜けてしまうのです。

こういった場面に限りませんが、急上昇・急下降したときはRSI手法は注意が必要です。

 

しかしそれを加味して結果をみても、ほぼ五分五分といったところ…

エントリー回数は多くなりますが、これでは実用は厳しいかと思います(>_<)

この手法も悪くはないのですが、ほかにも様々な要素を加えていくと更に勝率アップも見込めるのではないかと思います。

バイナリー5分取引きの手法を公開

「RSI逆張り手法」では、勝率が安定しなかったため少し応用編の紹介です。

実は「RSI」に「移動平均線」を組み合わせる手法もありますので今回はその組み合わせを紹介していきたいと思います。

まずはインジケーターの中でも多くの人気を誇る「移動平均線」を紹介していきたいと思います。

一般的に「移動平均線」を使用するトレーダーは多いです。

こちらは5分足での表示です。

上画像が「移動平均線」と「RSI」を同時に適用したMT4のチャート画面になります。

どちらもMT4にデフォルトで入っている「RSI」「Moving Average」を使用しています。

「RSI」はデフォルトの設定値のまま、上ラインは70、下ラインを30としています。

移動平均線の「Moving Average」は2個同時に起動しており、それぞれ赤色を14日設定の長期線、青色を5日設定の短期線として設定しています。

この2つの移動平均線が交わるタイミングのことをゴールデンクロス(デッドクロス)と広く知られており、今回はそのゴールデンクロス(デッドクロス)も使用していきます。

エントリーポイントは次の通り

①「RSI」の30ライン、70ラインのどちらかにローソク足が触れたタイミング。

②「移動平均線」のゴールデンクロス・デッドクロス(長期線と短期線が交わる)になっているタイミング。

この2点を同時に満たすときにエントリーするものとします。

上画像内でクロスポイントとRSIが70に触れたタイミングが重なり、その後すぐ下降しています。

短期線が長期線を上から下にクロスしているのでこれはゴールデンクロスではなく、デッドクロスといい下降の兆候となります。

このタイミングで売り注文を入れていれば勝てていますね!

ただし、注意するポイントもあります。

上の画像のような場面もあります。

短期線が下から上に抜けているタイミングでRSIが70に触れている状況です。

ゴールデンクロスは買いのサインですので、これからチャートは上向きに動くことが予想されます。

しかし、RSIをみると70のラインに触れているので売りでのエントリーを入れたいところですが、ゴールデンクロスになっているため、ここは逆に動く可能性が高いです。

こういったときには売りエントリーをしないようにしましょう。

この手法は全体的に勝率は高いとは思うのですが、探してみて思うのが、やはりエントリーポイントが少ないかなと思います。

勝率がある程度高いことは良いことですが、なかなかこの2つの条件が揃うというのは場面的に少ないです。

ただし無料インジケーターで試すことの出来る勝率の高いものですので、実際に自身で試してみることをおすすめします!

自分で手法を実践するときには、ある程度バックテストを行ってみたり、デモ口座でリアルタイムのテストをしたりすると実用にも踏み出せるようになれます。

なにもわからないまま手法を実践で試すのは、とても危険ですのでやめましょう。

最後に

バイナリーオプションでは様々な手法・インジケーターが存在しています。

今回の記事の内容も読者のトレードの一助になれば幸いです。

なお今回紹介した方法は、MT4のデフォルトインジケーターを使用していますが、それだけでは物足りないという方に向けた無料インジケーターも当サイトでは多く配布しております!

完全オリジナルのインジケーターですので、組み合わせて使ってみたり、新しい手法を生み出すことにも使えるかと思います。

ぜひダウンロードして実践してみましょう!

関連記事

  1. バイナリーオプション

    ハイローオーストラリアの評判!安全性は大丈夫!?

    ハイローオーストラリアは安全なのかまず最初に結論を述べると、 ハイ…

  2. バイナリーオプション

    バイナリーオプションの自動売買ってどうなの?

    自動売買ツールはどんな仕組み?自動売買ツールとはFXなどで使われて…

  3. バイナリーオプション

    ハイローオーストラリアの口座のログイン方法!

    ハイローオーストラリアの口座開設に必要な書類は何?ハイローオー…

  4. バイナリーオプション

    バイナリーオプションの必勝法はあるのか?

    勝てるやり方と負けるやり方の2つを書きます。自分で、どんな時に…

  5. バイナリーオプション

    禁断のマーチンゲール戦略とは?!

    ハイローでは大きな取引金額で取引をするときに勝ち、負けるときは取引金額…

ピックアップの記事

  1. バイナリーオプション

    ハイローオーストラリアのオプションとペイアウト率
  2. バイナリーオプション

    バイナリーオプションでナンピン手法は勝てるのか?
  3. バイナリーオプション

    ハイローオーストラリアの評判!安全性は大丈夫!?
  4. バイナリーオプション

    高額なバイナリーオプションのツールは買うな!
  5. バイナリーオプション

    バイナリー5分足取引攻略法
PAGE TOP