為替

時間帯別の為替相場の動き方

FXは空き時間に手軽にできる投資方法として知られています。株式・不動産・投資信託などと比較しても少ない資金でできるので、主婦やサラリーマンの人にも人気です。

一言でいうと、FXは時間に縛られない投資方法と言えます。その理由は以下になります。

FXは時間に縛られない投資方法
  •  数分・数秒でも短時間で稼げる
  •  平日24時間いつでもできる
  •  むしろ夜の時間の方が利益を狙いやすい

為替相場は平日24時間ずっと動いています。株式と違って、夕方以降でも夜でも深夜でもいつでも取引が可能です。むしろ、為替の世界は昼間よりも夜の時間に活発に動く傾向があります

夕方~夜の時間にかけてFXをする人は、この記事で紹介するノウハウを是非覚えて置いてください!

市場の活発になる時間をチェック!

FXで稼げるようになる重要ポイントとして「時間帯別の値動きの傾向を把握する」というものがあります。

FXは世界中の通貨を扱う、お金に対しての投資です。つまり、日本が深夜の時間であったとしても、その間アメリカは昼間の時間ということになりますので、24時間ずっと市場は動き続けているというわけです。

日本時間で言う朝の時間・昼の時間・夕方の時間・夜の時間には、それぞれ値動きの傾向があります。まずはそこを理解しましょう。

世界の市場が開く時間は活発になる

世界の中でも規模の大きい市場が開く時間には、相場の値動きも活発になるという傾向があります。各国のおおよその市場時間は、以下のようになっています。

上記の中でも、東京市場の開く「9時」、ロンドン市場の開く「17時」、ニューヨーク市場の開く「22時」は、相場が動きやすい時間と言われています。この時間から1時間前後は、いわゆるハイリスク・ハイリターンの人が好む時間ということです。

【注目】多くの人に選ばれている人気&実力お墨付きのFX会社

FXで今より稼ぎたいと思っているけど「なかなか思うような成果が出ない」と悩んでいませんか…?

そこで、今最も選ばれているFXサービスを紹介します。プロから初心者まで多くの人に選ばれているFX会社を使って、勝率UPを狙ってみてください!

夕方~夜の時間にかけての戦い方

上記を踏まえて、夕方~夜の時間の戦い方について見ていきましょう。おそらく、平日の昼間は仕事をしているサラリーマンの方や、夜の寝る前の時間にFXをしたいという人は、ここでの戦い方が重要となってくるはずです。

19時~22時は相場が緩やかな時間

ロンドン市場が開くのが17時で、そこから1~2時間は、どちらかというと値動きの激しい時間に入ります。その時間が過ぎた後は、比較的落ち着いた時間ということになります。

相場が穏やかだということは、値動きが読みやすい時間ということです。つまり「30分後」「1時間後」に、相場がどうなっているか?を予想して注文をするのが、勝てる可能性が高いと言えるでしょう。

逆に言うなら、21時~22時過ぎになるとニューヨーク市場が開いて相場が大きく動き出すので、その時間までには決済を済ませておきたいところです。

深夜22時以降の戦い方

22時を過ぎるニューヨーク市場が開いて、値動きが激しくなります。この時間はスキャルピングをメインとする、超短期トレーダーの主戦場です。

夜の時間のみFXをするという人は、この短時間にいかに効率の良い取引をできるかが勝負です。この深夜の短時間で稼ぐには、何と言っても決断の速さと、取引回数を増やすことが求められます。

テクニカル分析を素早くおこない、機械的に取引を繰り返すことができる人こそ、夜のFXで勝てる人です。と、難しい言葉で書きましたが、実際はそこまで複雑ではなく、シンプルに言うなら「波に乗るだけ」です。

実際のチャートで確認

上記はある平日の米ドル円15分足チャート「DMM FX」です。朝4時~8時過ぎくらいまでの時間は緩やかに推移し、東京市場が開く9時付近に少しだけ上下しています。

その後は13時くらいまではほぼ横ばいの状態が続き、14時~15時にかけて指標発表があったために少し上昇しました。

そして欧州の市場が開く16時付近にかけて少しだけ上げ下げをして、18時ころには落ち着きます。その後21前頃までは落ち着いていますが、NY市場の開く時間になるとまた活発に乱高下するという流れです。

もちろん、緩やかな動きが多い時間帯であっても、急に大きく動くことも多々ありますので、注意が必要です。

為替市場の動きに気をつけよう


夜は昼に比べて、相場の値動きが早くなったり、値幅が大きくなったりと、為替市場が活発化します。特に、ニューヨーク市場が開く22時ごろはより活発です。理由としては、最も流通量や取引量が多いドルとユーロが多く取引されるニューヨーク市場とロンドン市場が重なる時間帯だからです。
なお、深夜にFXをする際の注意点としては、重要指標の発表です。世界の基軸通貨を発行するアメリカの指標発表が、日本時間の午後9時から午前0時にかけてです。発表されると相場が大きく変動します。変動が大きいため、一回のトレードで大きな利益を上げやすくなりますが、瞬時の状況判断が求められるため、読み誤ると大きな損失を出す場合もあります。

重要指標の発表に注意

もう1つ覚えておかなければいけないのは、重要指標の発表や、為替における重要人の発言です。上記はヤフーファイナンスの経済指標の一覧画面です。

これにより為替は大きく変動することが多く、一瞬で大きく相場が動く事も珍しくありません。特に、米国雇用統計が発表されるタイミングや、大統領の発言などのタイミングは注意が必要です。

FX各社は指標発表のタイミングを教えてくれる

上記は「DMM FX」のスマホ画面ですが、直近の指標発表の時間と内容を分かりやすく記載してくれています。国旗の下にある3段階のラベルは、重要度です。

指標狙いの場合をのぞいては、そのタイミングでエントリーすることはオススメしません。慎重に売り買いをするよう、気をつけてください。

自分が取引している国とアメリカの指標発表に注意


最低限、自分の取引している通貨ペアの国の指標は欠かさずチェックしましょう。米ドル円で取引をしているなら、アメリカと日本の指標発表です。
また、どの通貨ペアを選んだとしてもアメリカの指標は必ず見ておかなければいけません。基軸通貨の米ドルは、その他の通貨にも影響を与えるからです。中でも月の第一金曜日に発表される「米雇用統計」だけは、もっとも相場が動く指標発表なので、忘れずにチェックしましょう。

【重要】金曜日の夜~土曜の朝にかけての戦い方

トレーダーとして覚えておかなければいけないのは、金曜日の夜の戦い方です。これは、深夜の時間をメインにトレードしている人なら、常識と言って良いかもしれません。

日本時間の土曜日早朝には、世界のほとんどの市場が閉まるため、多くの人の心理状況としては「その時間までにはポジションを調整して決済する」からです。ということは、必然的に売り買いされる量が増えるので、相場の動きが読みにくくなります。

それに加えて、金曜日の夜は体力的に疲弊している人も多いでしょう。身体が疲れている状態では、脳も正確な判断ができなくなる可能性が出てきます。それも考えて、金曜の夜中のトレードはあまりオススメしません。

初心者はポジションを持ったまま週を越さないこと


FXは基本的に土日は取引できませんので、ポジションを持ったまま翌週へ持ち越すには大きなリスクが伴います。週末に世界の状況が変化した時は、大きな損失が発生する可能性があるので、金曜日の夜のうちには決済をしておきましょう。中長期であればある程度はかまいませんが、初心者のうちはできるだけ週末時のポジション持ち越しはやめ、リスクを軽減させましょう。

関連記事

  1. 為替

    バイナリー初心者必見!為替について

    為替(かわせ)という言葉はご存じだと思いますが、「では、説明してくださ…

  2. 為替

    ゴールデンクロスやデッドクロスって何??

    移動平均線とは?移動平均線とは、ある期間の終値の平均をつなぎ合わせ…

ピックアップの記事

  1. バイナリーオプション

    バイナリー5分足取引攻略法
  2. バイナリーオプション

    バイナリーの勝ち方のコツを公開。
  3. 投資

    海外投資の種類やメリット・デメリット
  4. バイナリーオプション

    バイナリーオプションのメリット・デメリット
  5. バイナリーオプション

    バイナリーオプションとは?
PAGE TOP